頭痛 こめかみ 右 目の奥 原因

頭痛でこめかみ右の目の奥の時の原因とは?

スポンサーリンク

頭痛がする時、同時にこめかみや、右目の奥が痛む時がありませんか?
なぜ右目の奥が痛むのか、その痛みの原因をまとめます。

 

右目の奥が痛む原因

 

頭痛の中でも、群発頭痛というものがあります。
どちらか片方の目の奥が痛む、こめかみがえぐられる様に痛む時、
それは群発頭痛の可能性があります。
群発頭痛は、夜中や早朝に起こる事が多いのも特徴です。

 

群発頭痛が起きている時にしてはいけない事

 

群発頭痛が起きている時は、アルコールは厳禁です。
アルコールが頭痛を誘発します。

 

そして、狭心症の薬を飲んでいるかたは要注意です。
ニトログリセリンが 血管を拡張させ、
発作を起こしやすくしてしまいます。

スポンサーリンク

もう1つの原因

 

もう1つ考えられる原因は急性緑内障による、眼圧の急上昇中です。
なんらかの原因で眼圧が急上昇すると、急性緑内障になります。

 

この急性緑内障は、眼圧が上がっていることで頭痛を引き起こします。
眼圧が上がって頭痛がする時に受診するべき診療科は、眼科です。
眼科では、眼圧を調べてくれます。

 

眼科に行った時に、レンズを覗くと、
眼球に向かって風がパッと出てくるような検査をした経験がありませんか?
あれが、まさに眼圧検査です。

 

眼圧が原因の頭痛は、目の奥が痛みます。
また、眼圧急上昇による急性緑内障の治療は、点眼薬で行います。

 

その点眼薬を使用することで、眼圧を下げることが出来ます。
もちろん市販では買えませんので、
眼科できちんと検査をして、処方の元で使用します。

 

緑内障は、最悪の場合は失明に至る怖い病気ですので、
緑内障を疑う場合はすぐに眼科に行ってください。

 

スマートフォンなどを、長時間見ていたりするのも、
眼圧を上げてしまう要因になるので、
仕事以外の時間は携帯やパソコンの使用を避けることは、大切です。

 

頭痛がする時、眼球の上を指でグーっと押すと気持ちが良い時は、
群発頭痛や、眼精疲労、眼圧の可能性があるということです。
自分で見分けるのは難しいので、医師の診察を受けて、きちんと治療してください。

スポンサーリンク

頭痛でこめかみ右の目の奥の時の原因とは?記事一覧

眼球が痛み、同時に頭痛がするという経験がある人は意外と多いと思います。頭痛と目が充血し眼球が傷む事に、なにか関連があるのでは?という事で、関連性をまとめます。眼球の痛みと頭痛の関係眼球の痛みと頭痛の原因は、眼精疲労が大きく関係しています。現代社会では、パソコンやスマホを駆使する事が多いので、気が付かないうちに眼精疲労が進んでいる事があります。また、合わないメガネを使用していると、目の奥が痛みだし、...

頭痛を経験したことがないという方は、いないくらい頭痛は、一般的に起こる症状になります。しかし、それに付随しめまいや目の奥に痛みを感じると、日常生活に支障をきたしたり、不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。そこで、今回は頭痛で引きおこるめまいや目の奥の痛みについて、その原因をご紹介致します。めまいを伴う主な頭痛とは首回りや、肩、背中等の筋肉が緊張している状態から頭痛が引き起こされることがあります。慢...

頭痛持ちの人の中には、頭痛や吐き気の症状に加えて「目の奥が痛む」という症状を訴える人も少なくありません。この症状には様々な原因があると考えられています。頭の痛みは血管の拡張によって神経が圧迫されたことで起こる現象なので、目の神経と脳の神経が繋がっていることから、目にも痛みが生じているというのが一般的な原因となります。緊張性頭痛ストレスやパソコンを使った長時間のデスクワークなどで起こりやすいといわれ...

頭痛は頭痛でも、いつもと違う場所が痛む。もしかして頭痛そのものの原因が違うのでは?特におでこが痛い!と局所的におでこが痛む事があります。このおでこの痛みは一体何だろう?という疑問点をまとめました。おでこが痛む!その原因はおでこが痛いと感じる時は、蓄膿症や副鼻腔炎が疑われます。副鼻腔炎の症状では、おでこが痛い。眉間がいたい。と局所的です。ものすごく特徴的なので、すぐに蓄膿症もしくは、副鼻腔炎?と疑う...

まだ満足に言葉の表現が出来ない小さな幼児は、痛い場所を局所的に伝える事があります。頭痛の事を「おでこが痛い」と訴える事もあります。そんな時の原因と対処法をまとめました。幼児にも起こる!偏頭痛 実は、偏頭痛は大人だけのものではありません。子供にも偏頭痛は起こり、4歳頃から発症する子もいます。大人でも辛い偏頭痛なので、幼児はなおさら辛いです。副鼻腔炎、蓄膿症の場合もあり副鼻腔炎や、蓄膿症では、鼻の奥、...

頭痛を引き起こす原因には様々なものがありますが、もし後頭部が特に痛むようなときには、どのような原因が隠されているのでしょうか。クモ膜下出血の場合脳にある血管が何らかの原因によって破裂して起こるのがクモ膜下出血ですが、人によっては殴られたような衝撃も感じるほどの頭痛です。吐き気や嘔吐、意識障害を伴うのであれば、まず病院へ受診し早急に身体の異常の確認を行いましょう。クモ膜下出血は、一歩間違えれば命の危...

こめかみが痛む頭痛は偏頭痛である事がよくありますが、違う原因により誘発される事があります。ここに、偏頭痛とそれ以外によって起こる頭痛についてまとめました。偏頭痛でこめかみが痛い時偏頭痛が原因でこめかみの痛みが続くのは、ストレスや不規則な生活などにより、こめかみ付近の血管拡張が起こる事が要因です。血管の拡張は眼球周辺を圧迫し痛みに関与する神経(三叉神経)を刺激して頭痛になります。この時、ズキンズキン...

両側からこめかみを締め付けられるような痛みの頭痛があります。頭痛の中で一番多く発症するタイプで緊張型頭痛といいます。緊張型頭痛の原因とは筋緊張型頭痛とも呼ばれ、筋肉の緊張により起こる頭痛です。肩こりや首のこりを伴うことが多く、血流が悪くなり筋肉に老廃物が溜まり、神経を刺激することで起こります。鈍い痛みが特徴的で、片頭痛より痛み方は軽症です。片頭痛は血管が拡がることで起きますが、緊張型頭痛は血管が収...

3人に1人が悩まされているといわれる頭痛。現代人にとって、頻繁におこるものです。頭痛でこめかみが痛むという症状をよく耳にします。こめかみが痛む頭痛とは、どんなもので原因は何なのでしょうか。そこで今回は、頭痛で毎日こめかみが痛い原因を紹介します。緊張型頭痛緊張型頭痛の症状は、・こめかみ付近が、締め付けられるように痛む・首から後頭部が締め付けられるように痛む・肩こりのような症状をともなう以上の症状があ...

頭痛に悩まされるという方は多いです。日本でなんと4000万人もの方々が慢性頭痛に悩まされているというデータがあります。日本人の、おおよそ3人に1人が頭痛に悩まされているという、驚愕の数字です。そのため、頭痛はよくある症状ではあるものの、生活に支障をきたすことも多く、実に悩ましいものです。頭痛にも多種多様なものがあります。今回は、なかなか治らないこめかみあたりの頭痛の原因は何なのか、ご紹介します。頭...

昨日は右側頭部に頭痛があったけど、きょうは左側が痛いなど、痛む場所が変わる事があります。なぜ、場所が変わるのかをまとめました。痛みが移動する原因は?・偏頭痛・緊張性頭痛緊張性頭痛は、頭の周りにある筋肉が、ストレスや疲れで硬直し、硬くなった筋肉がその周囲を引っ張る事が原因と言われています。脳自体は痛みを感じる組織がないので、頭痛は周りの筋肉や血管が関係しています。脳そのものの右側、左側が痛いのではな...

頭痛の痛み方には何種類かのパターンがあり、それにより治療方法も異なります。左側だけのように片側が痛むというのは、片頭痛といわれるものです。片頭痛の原因とは男性よりも女性の方が圧倒的に多い傾向にあり、それは女性ホルモンとの関わりが、大きいと考えられています。女性の8割は40歳までに片頭痛もちになり、40歳を過ぎてから症状がでる人は、ほとんどいません。ほかにも、近年ではストレスによる片頭痛を発症される...

貴女は、頭痛を感じた事はありますか?その頭痛が右側だけズキズキする場合、ただの頭痛ではないのでは?と不安になるのでは無いでしょうか。もしかしたら大きな病気が潜んでいるのかも、と考えるかもしれません。そこで今回は、考えられる右側のズキズキする頭痛の原因について紹介します。偏頭痛この偏頭痛は、多くの場合片側に起こる頭痛です。しかし、約4割は両側に起こる事があり、必ずしも片側のみというわけではありません...

頭痛は、誰でも一度は経験したことのある症状ではないでしょうか。その程度は人によりますが、痛む位置も様々です。中でも後頭部が痛む場合は、何か病気の症状では?と不安になりますよね。左右どちらかが痛む場合、何か意味があるのでしょうか。そこで今回は、後頭部の頭痛の原因で,左右の違いについて紹介します。後頭部の頭痛で考えられるもの頭痛の中で、頭のてっぺんから後ろ、首筋にかけて痛みを感じる頭痛を、「後頭部痛」...

我々日本人の国民病と言っても過言ではなく、多くの人の悩みの種である頭痛。それと同じようにリンパが腫れるという症状もまた、多くの方に起こり得るもので悩んでいる方は少なくありません。人によっては頭痛とリンパの腫れが同時に起きるということもあり、痛みがひどく、どのように対処してよいのかお困りの方もいるでしょう。なぜリンパが腫れるのか、そして、リンパの腫れと頭痛との因果関係についてご説明します。リンパが腫...