頭痛 目の奥 治し方 原因

頭痛で目の奥が痛い時の治し方と原因とは?

スポンサーリンク

 

パソコンを長時間使っていると、
画面の見すぎで目の奥がずんとくるような
頭痛に襲われることがあります。

 

同じ画面を同じ姿勢で見続けることで、
緊張性頭痛を引き起こすだけでなく、
目の疲れ、眼精疲労を起こしてしまいます。
その仕組みをまとめました。

 

眼精疲労とは?

 

眼や顔の神経は、
脳神経に含まれています。
目を酷使すると筋肉が疲労し、収縮して、
血流が悪くなります。

 

その血流の悪さから痛みが発生します。
それが、眼精疲労による頭痛です。

 

原因は?

 

パソコン作業だけではなく、
見えにくいものを見ようとすることでも起きます。

 

度のあわない眼鏡や
コンタクトレンズを使用することも疲れの原因となり、
頭痛の原因となります。

 

目の調整力が衰えると疲れが増すので、
老眼は、眼精疲労になる原因でもあります。

 

対処法は?

 

目を酷使する作業を行う場合は、
目を休憩させる時間をこまめにとりましょう。

 

1時間に1度、少しの時間でもいいので、
目を閉じる時間をとるだけで疲労感が軽減されます。

 

そもそも血流が悪いことから起こるので、
ホットタオルを目に当てて血行を良くしたり、
マッサージや目の運動をすることで、血流をよくすればよくなります。

スポンサーリンク

 

眼精疲労に効くツボ

 

・晴明(せいめい) 鼻の付け根と目頭の間

 

鼻と目の間をつなぐ管がある場所で、目の緊張を解くツボです。
眼精疲労だけではなく、目の病気にも効くと言われているので、
普段から気を付けて押しておきたいツボです。

 

付け根をつまむようにゆっくりと
奥からつまみ上げるのがポイントです。

 

・攅竹(さんちく)眉毛の付け根、
魚腰(ぎょよう)眉毛の真ん中部分、
絲竹空(しちくくう)眉尻

 

いずれも、目の周りの筋肉をほぐすツボです。
眼精疲労による頭痛に効果があると言われています。

 

瞼の痙攣にも効き、老眼や近眼防止になり、乱視による目の疲れにも効果的です。
人差し指を折り曲げて第2関節をあててあまり力をいれずに
眉の付け根から眉尻へかけてゆっくりとなぞります。

 

目じりに行くにつれ、第2関節から
指の腹に移動します。この時、
目のくぼみを押すと逆効果になってしまうので注意してください。

 

・太陽(たいよう)こめかみ

 

中指の腹をあててもみほぐす感じで軽く回します。
別名「眼医者殺し」と言われるぐらい、
目の病気にはこのツボが効きます。

 

眼精疲労による頭痛が酷い場合は、
このツボをもみほぐすことをお勧めします。

 

・承泣(しょうきょう) 目の下のくぼみ

 

眼の真ん中を下に辿って、
くぼんでいるところと骨の境の部分にあるツボです。
眼精疲労の中でも目のクマに効くと言われています。

 

親指以外の指の先端を頬骨と溝の間に沿っておき、そっと力をいれます。
このツボも押しすぎや力のいれすぎに注意しましょう。

 

目の運動

 

ツボ押しだけではなく、目の運動をすることも効果的です。
1. 目をぎゅっとつぶります。
2. 目をあけて眼球だけを動かして上を見ます。

 

3. 目をぎゅっとつぶります。
4. 目をあけて眼球だけを動かして下を見ます。
5. 目をぎゅっとつぶります。

 

6. 目をあけて眼球だけを動かして右を見ます。
7. 目をぎゅっとつぶります。
8. 目をあけて眼球だけを動かして左をみます。

 

これを3セット程繰り返してみましょう。
時間があるときは、上下左右だけではなく、
斜めなどもいれるとよいでしょう。

スポンサーリンク

頭痛で目の奥が痛い時の治し方と原因とは?記事一覧

頭痛に悩まされる人は多くいますが、鎮痛剤ばかり飲んでいるせいか効き目が弱くなってしまったり、慢性化してしまって対処ができないという人もいるのではないでしょうか。重篤な疾患がないのだとすれば、まずはライフスタイルの見直しや、ストレス・疲労解消が大切です。リラックスさせるためにツボ押しを活用することも1つの手段として挙げられます。頭痛ツボで即効性のある場所はあるのか、ご紹介します。偏頭痛に効く手のツボ...

スマートフォンやパソコンが主流になった今では、日常生活のなかで目がかすんだり、ぼやけるといった目の疲れは、あたりまえのようになっています。その症状が慢性化したものが眼精疲労です。眼精疲労になると、頭痛を伴い辛いことがあります。そこで今回は、眼精疲労での頭痛の治し方について、ご説明させていただきます。眼精疲労とは?一時的な目の疲れは目を休ませることで回復できますが、眼精疲労になるとドライアイなどの目...

頭痛は、現代人の多くの人が悩まされていると言われるものです。突然の頭痛などで困ってしまった経験があるのではないでしょうか。頭痛が起きても、すぐに病院に行くことが出来ない場合も多いですよね。かと言って、市販の薬に頼りたくないし、痛むたびに薬を飲むのに抵抗があるものです。そこで今回は、薬以外での頭痛の対処法を紹介します。自分の頭痛のタイプを知りましょう!まず、自分の頭痛はどのようなタイプのものなのかを...

突然やってくる、「ガンガン」「ズキンズキン」といった、脈打つような痛みの片頭痛は、ごく一般的な持病で、長期にわたって悩まされている方もいるのではないでしょうか。また、疲れが溜まったり、季節の変わり目や天候の変化によって、症状が発生することもあります。そんな「頭痛もち」とされる方は、一刻も早く痛みから解放されたいですよね。そこで今回は、頭痛もちの良い治し方や対処法について紹介します。冷やす片頭痛に対...

断食は、ダイエットの方法の1つとして、試してみた方もいるのでは無いでしょうか?ダイエットに効果があると、意気込んで断食してみたものの、頭痛がして諦めた、なんて人もいるはずです。断食中に頭痛が気になって、断食するのが、怖くなってしまったかもしれません。では、何故断食中に頭痛はするのでしょうか?また、断食の頭痛には、対処法があるのでしょうか?そこで今回は、断食の頭痛の原因と対処法について紹介します。断...