頭痛薬 強さ 違い 比較

頭痛薬を強さの違いで比較すると?

スポンサーリンク

頭痛の時、あまり酷い痛みになる前に
頭痛薬を服用したほうが効き目が良い場合もあります。

 

頭痛薬は、市販と処方薬がありますが、
どの薬がどの程度の効き目の薬なのか、
強さの違いで比較していきます。

 

市販されている頭痛薬の比較

 

比較的強い薬
・ロキソニンS
・バファリンプラス

 

・セデス
・ナロンエース
・イブA

 

比較的優しい薬
・イブ
・バイエルアスピリン

 

・リングルアイビー
・フェリア

 

などが挙げられます。ロキソニンSは、第1類医薬品の指定なので、
薬剤師さんが在中していないと購入できません。

 

医師の処方の頭痛薬の比較

 

・ボルタレン(最も強い)
・ロキソニン(強い)

 

・セレコックス(強い)
・カロナール(普通)
・バファリン(弱い)

 

市販薬のロキソニンSと、処方薬のロキソニンは、
全く同じお薬です。成分量も同じです。

 

ボルタレンは、強い効き目のお薬ですが、
気管支喘息を持っている人には、あまり処方されません。

スポンサーリンク

成分の比較

 

「ロキソプロフェン」
比較的強い(ロキソニン)

 

「アスピリン」
よく効くが、胃に負担がかかる(バファリン)

 

「イブプロフェン」
消炎効果もあり。胃に優しい(イブ)

 

「ピリン系」
歯などの鋭い痛みにも効く

 

「エテンザミド」
サリチル酸系の薬。小児から服用可能

 

「アセトアミノフェン」
胃の負担や副作用が少ない。小児から可(カロナール)

 

中には小児には使用してはいけないお薬も多いです。
病院での処方薬は、小児の場合は比較的安全な
アセトアミノフェンである「カロナール」や、
座薬の「アンヒバ」を処方される事がほとんどです。

 

市販の薬を小児に使用する場合は、年齢をよく確認してください。
また、妊娠中も使用できる鎮痛薬は限られています。

 

妊娠中は、市販の薬を購入して飲むのではなく、
婦人科で処方してくれる鎮痛薬を使用してください。

 

・・・いかがでしたか?
ここに挙げた頭痛薬は、ごく一部ですが、
他にもたくさんの頭痛薬があります。

 

その時の症状や、
持っている持病を考慮して薬を選んでください。

スポンサーリンク

頭痛薬を強さの違いで比較すると?記事一覧

授乳中の頭痛は、赤ちゃんのお世話で、忙しくしているお母さんにとって、痛みによる辛さも、倍増するのではないでしょうか。早くなんとかしたい、頭痛薬に手が伸びる一方で、薬の成分が母乳に伝わるのではと、心配になります。赤ちゃんに何か影響が起きてしまうのではないか?薬を飲んで大丈夫なのか?薬に頼れずにいる方も多いでしょう。そこで今回は、授乳中でのアセトアミノフェンの使用と、授乳中に使える頭痛薬があるのかを、...

大抵の頭痛は突然やってきます。安静第一、なるべく薬は服用したくないものの、安静にしていられない時も多く、薬の力を借りる方も多いでしょう。しかし頭痛薬を服用したにも係らず、頭痛が治まらないということはありませんか?早く治したいのによくならないという状況は、頭痛の重さや状況によってはストレスにもなりかねません。「今まで効いていた頭痛薬が効かない」のはなぜなのか。その原因と対処法をご紹介します。頭痛薬の...

頭痛を感じた時は、早く治したいですよね。そのため、頭痛薬を服用する方が多いのではないでしょうか。しかし、薬を飲んでもあまり効果が感じられないことがあります。そんな時は、頭痛薬を連続して服用してもよいのでしょうか?そこで今回は、頭痛薬の服用の間隔について紹介します。頭痛薬について頭痛の薬は、「解熱鎮痛剤」という薬で、他の薬と飲むと劇薬になる可能性のある薬です。痛みが激しくて頭痛薬を飲んだけれど、時間...

頭痛薬といっても、その種類には実に様々なものがあります。できれば副作用ができるだけ少なく安心して飲めるものを選びたいですね。どのような種類があり自分に合っている薬はどれなのか、きちんと選択していきましょう。副作用の少ない薬は?主なもので言えば、イブクイック頭痛薬、頭痛に熱にハッキリエースa、ノーシンAI頭痛薬などが副作用が少ないとされています。胃に優しく、眠気も感じにくいものです。ハッキリエースa...

日常生活を送っている上で突然やってくる頭痛。こちらの都合を考慮してきてくれたら良いのですが、なかなかそうはいきませんよね。「これから運動するのに頭痛がきてしまった…」せっかく体を動かすのに、頭痛があっては十分に楽しむことは難しいしどうにかしたい!と思われる方もいるでしょう。そんな時、頭痛薬を飲んでも差し障りはないのでしょうか。今回は、運動前に頭痛薬を服用しても大丈夫なのか、そんな疑問にお答えします...

痛みがあり薬をすぐに飲みたいときや食事の際、そばに水がなくて、ついお茶などで飲んでしまいがちです。薬は水で飲んだ方がいいとよく耳にしますが、どうなのでしょうか?ここでは頭痛の薬はお茶で飲んでも大丈夫なのか、ご説明させていただきます。薬を飲むときの注意点頭痛で薬を飲む場合は鎮痛剤を飲みます。鎮痛剤の種類はさまざまあり薬によって成分や効果も違ってきます。鎮痛剤は胃に負担になりやすいものですが、最近では...

授乳期間中に頭痛を起こすことがあります、それは睡眠不足や育児ストレス等で過敏になるせいです。痛いと育児もしんどく感じてしまい、すぐに鎮痛薬を飲みたいところですよね。そこで今回は、頭痛薬を授乳中に市販のものを服用出来るのか、ご紹介いたします授乳中の頭痛薬服用について赤ちゃんは大人と違い体の大きさ以外に、肝臓や腎臓の機能がまだ未発達なので、薬を排出する能力がとても低いため、2カ月頃までは注意しなければ...

頭痛持ちで頭痛薬を持ち歩いていないと不安と言う方は少なくないでしょう。頭痛は生活する上で何らかの支障をきたすこともままあるので、誰もが早い治癒を望んでいるはずです。しかし、その頭痛薬、服用方法はあっていますか?1日あたりの用量・用法は守っていても、頭痛の頻度や頭痛の不安で毎日飲んでいる、と言う方はいないでしょうか。今回は、頭痛薬で最も一般的に服用されている薬の一つである、ロキソニンを挙げ、頭痛のた...

どうしても断れない飲み会、どうしても行きたい飲み会などが、ある時があります。お酒を飲む機会というのは、円滑な人間関係を築くため、またお付き合いをする上であるものです。もしも、そんな時に頭痛が起きたらみなさんならどのように対処しますか?一番良いのは、飲酒を断り安静にすることですが、なかなかそうもいかないということもあるでしょう。では、頭痛薬服用して飲酒をしても大丈夫なのでしょうか。アルコールが体に及...